9月27日 長崎練習内容

最終更新: 10月1日

指導:上田益,志岐光昭 ピアノ:ゲイル徳子 東公民館多目的ホールにて全体練習 本番と同じ流れで 休憩を取りながら曲を通しました。 【第1部】 指揮:上田先生 アヴェ・マリア〜母に寄す〜 「生きとし、生けるものへ」から 3・海神に守られて 4・天と地と海と 【第2部】 指揮:志岐先生 スターバト・マーテルより 1,2,3,6,9,10 【第3部】 指揮:上田先生 レクイエム1,2,3,5,6,7,8,9,10 サルヴェ・レジーナ 注意点の再確認 ・レクイエム5番「ラクリモーザ」39ページ32小節ソプラノ3拍目のquiはソだけです(ラソではなく)。40ページ40小節ソプラノ,アルト quiはquを先に出して i 母音(イ)でラソを歌う。 ・スターバト・マーテル 2番 「B」と「E」の4小節 Cujus animamのjusで弱くならないように。 3番「C」アルトソロメロディ、15小節 Materの出だしを早く出ないように。リズムを確認して下さい。25ページ49小節fiuntの高いレの音程しっかり上げて下さい。 「楽譜を見るときに顔を下げすぎたり、ずっと楽譜を見たりしないで 顔を上げて指揮をもっと見て歌うように。」と先生方から指示がありました。 残すは前日リハと本番のみとなりました。 記録:ゲイル徳子(ピアニスト)



34回の閲覧

© 2017 Requiem Project