9月26日 長崎練習内容

会場;上長崎ふれあいセンターにて 13:15~16:15 指導;上田 益・志岐光昭 ピアノ;ゲイル 徳子 「まん防」解除後の練習でしたが、今まで同様、体温チェックと手指消毒、30分置きに換気とマスク休憩を取りながら行いました。 ・軽いストレッチ、発声 『また逢える』 1、あの日 ・[G] 72小節 …みなとも漁師も〈みなとも〉〈漁師も〉2つの言葉を繋げて歌うので、1つずつの言葉を区別して ・[J] 〈ともに〉〈泣け〉〈されど〉〈信じよ〉… 言葉の頭を明確に出して、1つ1つの言葉が聞き取れるように。全てを同じ強さで歌わない。 2、1枚の古いレコード ・[A] 男声の歌い出し〈たった〉…歌い出しのC(ド)音が弱く、聞こえない。頭の〈たっ〉の方を明確に、次の〈た〉の方を軽く。 ・[C] 19小節…下3声、パート内の不揃い、縦のリズムの不揃い。タイミングを合わせて、遅れないように。 ハーモニーも聴き合って。 ・[F] 男声 〈あおいろそらに〉は、良かった。その後少しずつテンポが遅れるので注意。 ・[H]歌い出しは、指揮を良く見て。自分のテンポで勝手に入らない。 ・[J] 81小節~〈わたしは立ち上がる〉…良くなっている。遅れない、慌てないを意識して。 3、また逢える ・[B] アルト…14、17小節ピッチが下がらないように。 ・[D]バス… 30~35小節 タイミングが遅れる。宿題。 ・[H] 長音符で延ばしている時に、喉声で押さない。 ・[I] F,A,D(ファ、ラ、ド)のハーモニーをもう少し美しく。 ・[K] テノールのピッチ、気を付けて ・93小節~ アカペラ…各パートの音程確認。ソプラノとアルトが2度でぶつかる所は、特に気を付けて。 ハーモニーの完成度を上げましょう。 4、このいのち明日へ ・[B] アカペラでパート別に確認。 ソプラノ…パート内のリズムとピッチをもう少し揃えて バス…18小節〈のぞみうしない〉歌い出し、遅れない。 ・[C] ~[D] だいぶ指揮を見れるようになった。 ・[G] 〈きっと〉のスタッカートは、軽く切って。以前の4分音符の歌い方の習慣が残っているので、気を付けて。 『黙礼』 3、「命」よ ・息付く暇も無く、音楽と言葉が流れ続ける。2拍子で感じながら歌いましょう。4拍子で数えると、マイテンポになって遅れる原因になります。 ・[L] 最後の〈もくれい〉は、指揮者によって rit,テンポが異なるので、よ―く見て合わせましょう。今日は、良く出来ました。 4、あなた ・[N] 〈ながれる〉指揮者によって表現が異なるので、よく見ましょう。 1、祈る ・[B] 〈あった〉下3声パート別に音程、ハーモニー確認 ・[F] パート別に音程とリズム確認→2パートで合わせて→3パート→全パート (ソプラノ+テノール) (アルト+バス) ・ソプラノ…48小節4拍目が少し遅れる ・アルト…音程 ・テノール…ソプラノとタイミングを合わせて ・バス…タイミングと音程 ・[G]バス…テンポが少しずつ遅れるので気を付けて 『生きとし生けるものへ』 1、野辺 ・[A]歌い出しのハーモニー、もっとハモって ・[B] 15~18小節 ソプラノ…単純な和音ではないので、ビブラートは付けないで アルト…音の移りをジャストタイムでタイミングを合わせて テノール…オーケー バス…合っているので、自信を持って歌いましょう。 〈孔子廟コンサート練習〉 「モーリーホワ」 …以上 上田先生 …以降 志岐先生 「あっかとばい」 ・初めに童歌の発声で歌いましたが… いつもの発声に戻します。 「でんでらりゅう」 ・楽譜通りに歌って+斉唱で、アップテンポを加えます 「長崎の鐘」 ・2番は歌わない 「いのちの理由」 ・最後のrit,はしない 「北の国から」 ・33小節…符点のリズムは、柔らかく歌いましょう。 ◯初めて、上長崎ふれあいセンターで練習を行いましたが、ズーム配信も無事に出来、沢山の出席で、充実した練習が出来ました。感謝です。 孔子廟コンサート、来年9月の10周年演奏会に向けて、前を向いて準備、練習いたしましょう。 記録;大岩しのぶ(指導者)






閲覧数:25回0件のコメント

最新記事

すべて表示