9月25日 東京練習内容

見学者1名、次回から入団です!嬉しいですね!


この日の練習曲は次の通りでした。 Stabat mater より1・2・3・6・9・10曲 Requiem より1・2・3・5曲 以下の曲は上田先生の指導で 「生きとし生けるものへ」より 3海神に守られて・4天と地と海と 「いのりのとき」より Ave Maria・Salve Regina 全体的な総括でコメントさせていただきます。 どの曲も長く歌っていることもあり、とてもよく歌えています♪ ハーモニーもコンスタントに安定して聴けるようになりました。 良く歌えているだけに、ほんの少しの粗がとても目立ちます(惜しい!)

音程面で気にしてほしいのは、ユニゾンになるところ、曲の一部アカペラになるとこ ろ、より注意が求められる箇所で音程の歪みがはっきりと聞こえてしまいます。

そしてよりレガートで歌いたいところ、音楽の情感の変化を聞かせたいところがもっ と多彩になるといいですね。 上田先生はそういう構成で曲を書いていらっしゃいます。 それは作曲家本人にわざわざ聞かなくても、楽譜を読み込めば(歌いこめば)わかる ことです。

ただ音やハーモニーを追いかけるだけでなく、言葉との関係性においてどんな音色、 歌い方が効果的なのかをいろいろ探求してほしいと思います。どうぞ体調に気を付け てこれからも楽しく歌ってください(^_-)-☆ 記録:横町あゆみ(指導者)



16回の閲覧

© 2017 Requiem Project