9月17日 東京練習内容

●《黙礼》より「1.祈る」 ・歌いだしの「そこに」の取り組み方は重要です。音程ももちろんですがどんな情景 を思い浮かべ歌い始めるか、考えてみましょう。 ・ソプラノ「あった」 ときどき「あっ」が短くなりすぎるので丁寧に。 ・41小節目から「あった」が際立つように。 ・50小節目からp指示があるところほど息を使ってよくしゃべる。 ・73小節目からのユニゾン音程、とてもよくなりました。1回目からできるといいで すね。 ●「2.風」 ・歌いだしの「ひ」は長めに ・「あふれる涙よ」「話の途切れ目よ」「風の折り目よ」それぞれ間に八分休符があ りますが音楽的につながって聞こえるように。 ・41小節目の「くもよ」の2回目、エコーの雰囲気がよく出ていて良かったです♪ ・67小節目(ソプラノ・テノール)、69小節目(アルト・ベース)のユニゾン、音程 若干低く聞こえるので明るめに。 ●「5.生きる」 ・11小節目「あざやかなー」各パート「あ」を長めに歌い、フレーズをレガートに。 通したときは素晴らしかったです! ●《生きとし生けるもの》より「3.海神に守られて」 ・歌いだし「はるかな」は「は」を長めに、遠くから声がやってくるイメージで。 ・24小節目「はは(母)」同じ文字が2つ並んでいますが、発音の処理方法が違いま す。 ●「4.天と地と海と」 ・49小節目「いのりの」の音程随分よくなりましたが、あと一息揃うといいですね。 ・96小節目からのハーモニーもあと一息です! 後半は《また逢える》《黙礼》の全曲と《生きとしいけるものへ》1・2・3を通しま した。 抜き出し練習はしませんでしたが、コメントのみ記載します。 ★《また逢える》1.あの日 良かったです! ★2.一枚の古いレコード ・長調の曲です。全体的に音程が低めに聞こえます。明るめの音色をより意識しま しょう。 たとえば… 9小節目 「たった~」のラに上がった音程、15小節目「レコード」の ラに上がった音程 38小節目からも同じパターン。 ★3.また逢える ・60小節目からのハーモニーの精度をあと1段階上げたいです。 ・85小節目ユニゾン、ここはまたやりましょう(笑)ここはこの組曲の要(かなめ) だと個人的には思っています。 ★4.このいのち 明日へ ・全体的な感想ですが言葉にまだ追われている印象でした。また時間を見つけて一緒 に探求しましょう。 ★《黙礼》より3.命よ ・p指示になったときにただ声が小さくなっただけに聞こえるのが残念でした。 息を使って強く囁くように歌うと緊迫感が出て効果的だと思います。 ★4.あなた 歌いだしは少し乗り遅れぎみでした。ピアノの音型にうまく乗って歌い始められるよ うにしたいですね。 ★《生きとし生けるものへ》1.野辺に 良かったです! ★2.コスモスと少年 これも良かったです! 「はは」という言葉の処理については前述の通り。 濃密な3時間をありがとうございました! また次回お目にかかれるのを楽しみにしています♪



記録:横町あゆみ



※12月のコンサートチラシイメージです。多少変わると思いますが。

コンサートに向けて、頑張っていきましょう!(上田益)



閲覧数:26回0件のコメント

最新記事

すべて表示