8月8日 北いわて練習内容

会場 アンバーホール 小ホール 18時10分から20時30分 ◆ウォーミングアップ ◆仙台まであと20日! ♬毎日、少しでいいから歌うようにしましょう。練習のときだけ楽譜を開く、ということのないように。 ◆「とりあえず、何も言わずに全曲を通すよ」 ♬メンバーページに宇部さんの作品は上がっているので、一緒に歌うなどして継続して練習してください。 ♬︎自信なさげに入ったり、周りの様子を伺いながら入ったりすることのないように。自信のないところは、声を出さなくても大丈夫。託しましょう。 ◆「あの日」 ♬︎Cからアカペラで。テノール「しんじた」の音が高ければ、周りに託す!ほかのところもそう。出ない音を無理やり出して、全体を崩すよりは託した方がいい。「何がなんでも歌うぞ」で歌わない。全体を整える(調える)ことを意識してほしい。何度も言うのは、そのくらい大切だからです。 ♬︎ユニゾンの部分は、きっちり揃えられるように。 ♬︎Fの< >は、かけ過ぎないように。 ♬︎Gの3連符は、慌てないように。印をつけて、書いておきましょう。 ♬︎79小節目からは、すべての声部が自信を持って歌えばどこも聴こえてくるようにできています。しっかり歌えるように。 ♬︎Iは、もっとしっかり歌って大丈夫。 ◆「また逢える」 ♬︎どの曲もですが、楽譜のガン見は許しまへんっ!! ♬︎みんな前奏のときは前見てるのに、歌が始まったら楽譜見てるよね(広島・佐伯先生の名言)。 ♬︎Bからは、母音を伸ばすことを意識。「つ」「く」「し」は無声化してみましょう。 ♬︎30小節目からは、ズレた!と思ったら歌うのを止めていい。 ♬︎Hからは、もっと美しくハモれるように! ♬︎Kからは、暗譜!指揮者のすべてを感じられるように!!「また逢える いつか逢える」は、とても大切な言葉。 ◆「このいのち 明日へ」 ♬︎ソプラノ「雨の夏」の「つ」は、苦しさを出さな。 ♬︎27小節目のmf、しっかり意識しないとその先のfが出せない。 ♬︎Dアウフタクトは、mfだが、もう少し出しても大丈夫。 ♬︎Hからは、暗譜っ!!!絶対っ!!! ◆「大切なふるさと」 ♬︎忘れているところもあると思うので、メンバーページで確認して自主練しておきましょう。 ◆「雪の村」 ♬︎言葉をハッキリはきはき、子どもが歌うように。 ♬︎Aからはmpだけどしっかり入った方がいいので、もっと出しても大丈夫。 ♬︎Dからはpだけどアルトだけなので、しっかり歌って大丈夫。 ◆「風のように」 ♬︎Cからはテンポが上がるので必ず指揮を見ること! ♬︎慣れると適当に歌いがち。注意されても直せないことがある。新曲よりも直すのが大変なので、もっと意識して歌うこと。 ◆「とうさんの海」 ♬︎「ふるさと」をしっかり歌う。 ♬︎指揮者によって、振り方は違うので、音程等も細心の注意を払いながら歌うこと。 ◆その他 ♬︎来年の10周年も見据えて練習しています。2023年7月16日が本番です。宇部さんの作品は全曲やります。「また逢える」も全曲やります。 ♬︎メンバーページを見てください!!(欠席した方は特にっ!!!)Zoom中継しています、動画を観られるようにしています。仙台の練習は必ず観てください。長崎も! ◇練習を終えて ♬︎仙台のあとは、来年に向けての練習をします。レクイエム全曲、宇部さんの作品全曲、また逢える全曲は、必ず歌えるようにします。 ♬︎来年1月は、神戸。活動15年目。できるだけ参加してほしい。 ♬︎仙台は新メンバーも。ぜひ交流してほしい。 次回の練習は…… 8月22日(月) 18時30分~20時30分 アンバーホール 会議室 追伸→コロナ感染者が増えてきています。上田先生からいただいた遵守事項を守り、予防に努めましょう。


記録:小林友美(指導者)





閲覧数:45回0件のコメント

最新記事

すべて表示