8月29日 神戸練習内容

8/29(土)神戸 指導:北爪かおり、ピアノ:河村泰子 発声は母音を繋ぐ、カタカナのように息が途切れないで歌えるように。身体を使う感覚を鳩尾を触りながら。 マスクが顔を覆うことによって響きを聴く感覚が変わってしまうので注意。 4声の《Ave Maria》取り出し練習 眉間を触って子音を引き締めるポイントを合わせてみる 《海神に守られて》 初めての方もいるので、区切りながら。 「は」の響く位置を高めに、吐きださすぎないように。 母音で歌い出すフレーズの準備を充分に。 StabatMater 3《Benigitatem…》 アクセントの位置を確認し、手を使ってフレーズを運動神経と合わす。子音の音程。 2《Cujus animam…》 鳩尾を触って体の動きとフォルテの関係付け。 Gladiusの子音を前に出す練習。この歌の後半、グレゴリオ聖歌をなぞるところは、歌詞を覚えられたらいいですね。 1《Stabat…》 dim.しながらの終止音で体が緩まない。 レクイエム 3《Dies…》BCDの歌い方を確認。 8分音符は長めに。 アクセントのある母音をより豊かに。 discussurus必要以上に母音が短くならない。 5《Lacrimosa》H以降確認 語尾が一番口が開いてしまうので、注意。 I以降のdim.始めるタイミングを確認。 Amenのmのタイミング 6《Sanctus》 E以降でsからaへの発音、遅くならない。 男声はoの口でブレス吸う。 姿勢が良いままpに。 Hosannaのz発音も素早く。 1,2番復習できませんでした。 4声の《AveMaria》 Sancta以降を先程のsanctusのsaのスピード感を応用して復習。 Amenが手元でぼやけた発音にならない。 《Salve Regina》ざっと通し。 いつも練習後に行ってた居酒屋「ゆたか」がコロナの影響で、本日にて閉店!寂しくなります。大将、合唱団入ってくれへんかな。

記録:北爪かおり(指導者)


46回の閲覧

© 2017 Requiem Project