8月27日 神戸練習内容

指導:栗木 ピアノ:陶山先生 体操の後、発声練習はハミングからスタートしました。 男声が少なかったこともあり、音程があやしいところ多々。今日も取り出して練習しましたが、もう少し人数が揃った時に少し時間を取れればと思います。(5声のAve Maria、ミサ・ブレヴィスのSanctusなど) アカペラの曲や部分的にピアノがない箇所では、耳を使ってハーモニーを作ってください。(ミサ・ブレヴィスのKyrieや5声のAve Mariaの45小節など) ユニゾンとハーモニーの箇所の歌い分けも、少し意識しているとよくなると思いました。続けてみてください。 アルトが5線より下の音域を歌う時、声を落としてしまう傾向がありますが、必ず頭の上に響く空間を意識してください。 他パートとハーモニーしやすい音色になります。 「4つの愛のうた」より道 は、まだまだ音も怪しいです。 引き続き譜読みをお願いします。


記録:栗木充代(指導者)






閲覧数:26回0件のコメント

最新記事

すべて表示