8月21日 東京練習内容

【前半:大塚】

・ミサブレヴィス1,2

長い音符を、息をしっかり送って長く歌ってください。

 ♪での音の動きは、縦のリズムから外れないように。

GloriaのSoloパート、合唱全員で練習しました、

 皆さんで声を合わせましょう。

・ミサブレヴィス4,5

 ゆったりとしたテンポでも、長く先を見ながら歌う。

Sop.の音が急に高く上がる箇所、上の音の発声を準備しておいてなめらかに。

Agnus Dei の最初の「A」から、続くgnus Deiを含んだ「A」母音を準備。

・祈りの時、Salve Regina、Ave Maria

 「u」母音を深い響きで、Quandoなど子音はスパッと入れる。

Salveなど、繰り返す言葉は、先へ先へと取りに行くように。

 (Ave Mariaは後半の上田先生の欄に譲ります)

【後半:上田先生】

・レクイエムの通し。

 マスクをしていますが、なるべく子音をクリアに発音できるように。

・Ave Mariaは男声のスタートの横のメロディーと、

 女声が入ってきてからの縦のハーモニーが難しい。

 ハモるところを、縦の和音を聞きながら、

 歌い収めてください。



記録:大塚雅仁(指導者)

24回の閲覧

© 2017 Requiem Project