8月13日 広島練習内容

【また逢える】 ・あの日 冒頭アルト、「古き街は永遠に変わらぬと」のページ変わりの入りを油断しないように。 「おられた地蔵」のフレーズの切れ目、汚くならないように。特にバスさん、気をつけましょう。 ・一枚の古いレコード とにかく読んで、テンポにしっかり乗れるようにしたいので、各自しっかり声に出して読むようにしましょう。 ・また逢える 「人は悲しむ」の「は」が音の高さに関係なく強くならないように、話すように歌いましょう。「だから生きろと」はすごく大切なフレーズです。そこに繋がるような歌い方、持っていき方をしっかり把握して歌いましょう。 ・このいのち明日へ パートソロはビビらないように!自信を持って歌いましょう! バス「冷たい雨の夏」二度目のフレーズの音程を間違えているので、確認してください。 「生かされていた」ソプラノ、「て」の音程を間違えている人がおられます。確認しておきましょう(^^) 【ミサ・ブレヴィス】 ・Kyrie 8分音符を滑らかに流れるように、前向きに歌いましょう。 とにかく、指揮に合わせてくださいね。テンポ、息継ぎ、強弱、全て指揮を見て、指揮に合わせて歌ってください。 ・Gloria Glaziasは「ツィ」と発音します。 ・Credo 52小節目、Crucifixusは強めにください。練習番号Gあたりは、姿勢を正して歌いたくなるような内容です。しっかり読み解いて歌ってみてください。 ・Sanctus et Benedictus ところどころ、ピッチが低めになるので、自信を持って、しっかり歌い切りましょう。 ・Agnus Dei 語尾の「-s」はしっかり発音しましょう。 【4声のAve Maria】 少しピッチが低くなるので、聴き合って歌いましょう。 【遥かなる海へ】 全曲通し ・若夏に思う ・悲しみのティダ ・遠き子守歌 ・祈りの朝に 最後「ティダ、のぼる」で切れる時、「のぼるーうっ」で切らないように。ダメ押しをしないで切る意識を持ちましょう。 次回は、女声からスタート。15時から男声が加わります。


記録:大島久美子(ヴォイストレーナー)






閲覧数:33回0件のコメント

最新記事

すべて表示