7月16日 東京練習内容

練習会場は初めて使う新宿文化センター第二会議室 前半:大塚、後半:上田 ・黙礼より、3.「命よ」 最初はゆっくりのテンポで練習しました。 言葉、音程、入りのタイミングなど正確に。 テンポを戻しての練習、ゆっくりの時の丁寧さを失わずに。 ・レクイエム抜粋 全体的に、とても良く歌って下さったと感じます!! ピアノ伴奏ですが、いつもオーケストラと演奏した際の響きをイメージして。 それに乗るようなレガートが基本にあるかと思います。 (以下、後半) ・雪の村、胡桃の木、とうさんの海、空から、また逢える 胡桃の木…練習番号Fの音程注意。かわらですずむでしょう、の箇所の<(クレシェンド)は、世界が広がっていくように。 ・風のように 夏のひかり…練習番号Eの「ひとみ」の音程、ドミミ、間違えやすいので正確に! 練習番号Cから、何も書いてありませんが、テンポ速くなっています。 こうしたところの指揮を、いつも注意深く見れるようにしてください。 ・大切なふるさと…いつもアンコールなどで歌っていますが、きちんと練習すると、歌詞によって音の長さが違ったりします。 正確に、また3番までの内容を歌い分けられるように復習してください。 以上になります。 梅雨が明け、夏本番となりました。 コロナ対策+、熱中症など暑さ対策も加えまして、どうぞ健康でお過ごしください。 記録:大塚雅仁(指導者)



16回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示