6月19日 長崎練習内容

指導 上田益

ピアノ ゲイル徳子、吉田眞深


〇生きとし生けるものへ

1、「野辺」

[A]全パート…5小節〈のべに)〈〈の〉Nの子音をはっきりと。[C] 男声…24小節〈ちのしたでは)8分音符を均等に。全パート…26、27小節〈そなえて)の前の8分休符ではブレスしない。〈そ〉sの準備をする。男声…26、27小節(そなえて)を言い直す。[D]ソプラノ…40、41小節(そっと)(さく)〈く〉レを揃える。41~44小節(りんどうの)下がらないように。45、46小節(よりそう)〈う〉下がらないように。[E]ソプラノ…57、58小節(ふりそそぐ)〈そぐ〉揃える。[F]全パート…60、61小節(ただむしんにみらさきの)縦を揃える。

2、「コスモスと少年」

[D]女声…37小節(コスモスのはなを)遅れない、先に行かない。[G]アルト…67、68小節(いとしごの)(たより)ドを豊かに響かせる。

《世界観を感じて、思いを伝えられるように歌いましょう》

3、海神に守られて

[D]アルト、バス…50小節(きずな)〈き〉をしっかりあてる。

{ユニゾンの部分とハモりの部分を理解して。ハモりの部分はユニゾンの部分よりしっかり歌う。}

4、天と地と海と

[D]ソプラノ…40小節(はるかな)きれいに、揃えて。

〇ミサ・ブレヴィス

1、Kyrie 、2、Gloria 通しました。

3、Credo

[D]全パート…52~64小節、ソロの部分とコーラスの部分、それぞれのパートを半分に分けて歌う。音をしっかり取っておく。自信を持って歌うように。

4、Sanctus et Bene dictus

通しました。


〇いのりのとき

4、Vita gloriosa ,donum Dei 、

Ave Maria (コピー譜使用)、

〇レクイエム

5、Lacrimosa

〇いのりのとき

3、Salve Regina

《長崎演奏会での演奏の順番にそって通し練習しました。》


〇いのりの情景

1、時のほとりで

[B]全パート…9小節(さっきまで)〈さっ〉の前の8分休符でブレスしない。[E]全パート…62、63小節と66、67小節(いのりとはなにか)ユニゾンの部分は少し音量を落とす。

《音量をコントロールするように。》

2、だれかのねがい

[D]全パート…56小節(だれかのねがいを)〈を〉を自然に、特別にしない。

3、そこにあなたが

通しました。

4、音楽がきこえる

[H]アルト…61小節(いちずな)〈な〉下げすぎない。全パート…68、69小節(おしみなく降りそそいでいた)3連符動きが遅れないように。滑舌はっきりと。


☆本日、見学にいらした方、即日入団してくださいました。お仲間が増えて嬉しいです。演奏会に向けて頑張りたいと思います。


☆次回は女声合唱のみの練習になります。6月25日(土)13:15〜16:30、市民会館音楽室です。


江頭 麻里子(実行委員)





閲覧数:49回0件のコメント

最新記事

すべて表示