5月28日 神戸練習内容

指導:北爪かおり、ピアノ:林葉子 4声のアヴェマリア 4声そろってからの9,11,12小節の拍頭を、有声子音から音程を合わせる。 29小節から1拍目が休符の際の身体の使い方。 ミサブレヴィス《Kyrie》 Bから会場の壁際に広がって遠くに歌う、まずは音量を気にせず身体を使って歌えるように。 レクイエム《Lacrimosa》 歌い出しのブレスと準備を練習。 6小節ソプラノの跳躍を取り出し練習。 レクイエム《Lacrimosa》 アカペラでも練習した前奏からの入り。 Dからソプラノの16分音符子音の音程を安定させて。 ミサブレヴィス《Sanctus》 10小節までの1拍目の和音を子音、母音の位置を安定させて練習。そのハマりを外さない流さないように歌う。 Bアウフタクトのソプラノ子音からその音程で。楽器が無くなるので目立つ。 30小節から[gl]を拍の前に出す為に、母音をオンビートで歌ってからその前に、という練習。 45,47小節のin exの母音が短くならない。 ミサブレヴィス《Credo》 練習番号後ろから辿って G 強拍が解放されるように。固く打ち込むように歌わない。115小節のcuは顎を緩めて、息を流して。 F 93小節exのe母音長く。 E 喜ばしさを想像して。テノール70小節の音程注意。1回目はpのまま、2回目のcresc.は音価を長くしていく。 最初から通す。ソリストを立てない本番の為に、ソロの部分を歌う練習も必要。 生きとし生けるものより 《コスモスと少年》 女声歌い出しの[n]の準備、早く、そして舌の着く面積も広めに確保して。 37小節からの語頭の子音の準備、速度をはっきりと。 48,49小節「ゆめを」の「ゆ」短くならない。 55-56小節「あずけながら」の歌詞の間にはrit.しないで。 《天と地と海と》 40小節ソプラノの準備早めに、あ母音の響きの位置を確認。 42小節から「ひ」い母音短くならない。 H 8分音符が3つ並んでいても、アクセントの位置を長く歌うつもりで。 また逢える 《一枚のレコード》 息の速度を上げて若々しく歌いたい。 Cのように先行声部に対して相の手を入れるときは語頭の子音をはっきり。 心のアルバム 《しおり》 一声ずつ音取り、歌詞入れ。 取り出し練習の時には綺麗に歌えますが、通すとどのパートもまだまだ落ちる、あやしいです。 記録:北爪かおり(指導者)







閲覧数:7回0件のコメント

最新記事

すべて表示