5月15日 長崎練習内容

指導;上田 益 ピアノ;ゲイル 徳子 手指消毒、検温チェック。 ホール入口と奥のドアを開放し、サーキュレーターで換気。30分置きにマスク休憩を取りながら行われました。 ストレッチ、発声練習後、 混声合唱組曲『また逢える』と東京演奏会プログラム全曲練習 『また逢える』 4、「このいのち 明日へ」 ・まず、アカペラで[A] を通し、ピアノと合わせて歌う。〈つめたいあめのな「つ」〉、8小節1拍目の「つ」のハーモニーに注意。ソプラノは、D(レ)音 喉を締めないように。 ・歌い出しのf(フォルテ)は、叫ばない。豊かな響きで ・[B] ソプラノ パートの音程の幅のブレをなるべく少なくしましょう ・[C] ~ まずピアノと、2回目はアカペラ。23小節~のf(フォルテ)→26小節 のmf(メゾフォルテ)〈そして…〉は、もう少し音量を下げて。29,30小節 cresce.→f(フォルテ)の盛り上がりを考慮して ……曲頭から[G] まで、ピアノと合わせて通し ・[D] 短いフレーズで音楽が切れないように、大河の流れのように ・[E] ソプラノとアルトは、3度のハーモニーを意識して ・[G] 男声のハーモニー、気を付けて 2、「一枚の古いレコード」 ・通して歌いました ・81小節~最後、慌ててブレスすると、遅れる、ズレる。苦しい人は、カンニングブレス ・83小節5拍目以降 「立ち上がる」は、テンポ変化するので、指揮を良く見て 1、「あの日」 ・[A]~[D]まで通し ・32小節 「なにもなくなったまち」歌詞の意味、情景を意識して、大きく歌い出さない ・[D] ~,45~49小節 男声、歌えているので心配しないで。慌てない、遅れない、頑張り過ぎない ……ここから、東京演奏会出演者は、立って歌いました 『いのりのとき』 1,「祈りの時」 ・[G] 下降する音のピッチ、特に65,67小節注意 2,「Da pacem Domine」 ・バス、音程が微妙に下がる。特に、9小節4拍目の歌い出しに注意 ・[A] 、[C]ハーモニー気を付けて ……上田先生からの指上☝️サイン(音程上げて!)が、何回もありました。 3,「Salve Regina」 4,「Vita gloriosa donun Dei」 ・簡単に思える曲は、難しいです。1番出来ていないかも、 5,「Pax aeterna」 6, 5声の「Ave Maria」 ・[D] 39、41小節 女声3声のハーモニー注意 ・[E] パートそれぞれの音程に気を付けて 第2ステージ曲 「さくら」 ・アルト 24,45,50小節、〈かぜのま「ち」〉「ち」のE(ミ)音が下がる。 「風のように」 「とうさんの海」 ・歌い出しは、ユニゾンです。ハモったらいけません! 「空から」 「走れ!三陸鉄道」 「海神に守られて」 「また逢える」 「生きる」 ・折角きれいに歌えているのに、遅れ(ズレ)ます。歌い出す直前の8分休符でブレスしない。その前にしましょう。 …全体的に、日本語の曲はユニゾンを揃えて。音の幅(ズレ)を〈讃岐うどん〉ではなく、〈素麺〉くらいになると良いですね!と上田先生から。目標〈素麺〉です。 『レクイエム』 1、2、3、 5、・5曲目の合図は、しません。ソリストも一緒に歌います。 6、・ハーモニーを大切に歌いましょう。 ・ソプラノ 高いG(ソ)、F(ファ)音 ピッチが下がらないように 7、・[B] アルト 11小節 ob-li-vis-coの「vis」のG(ソ)音が下がる。15,45,49小節も同様 8、9、10、 アンコール「大切なふるさと」 ・東京演奏会へ出演するメンバーにエールの拍手をしました。 ・来年は、長崎合唱団は、創立10周年を迎えます。今年は、演奏会の開催はありませんが、秋頃に、企画準備中です。お楽しみに… 記録;大岩しのぶ(指導者)






44回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示