4月3日 広島練習内容

「いのりのとき」 4月2日、十字架にイエス様がはりつけられた一番悲しい日。宗教曲という位置付けをしっかり意識して歌うこと。 【Tempus precationis】 「Quando」のdoが遅れがち。1つでも先の音符を見て、準備して歌うように。 【Da pacem】 ソプラノが下がりがち。 【Salve Regina】 41小節目がどうしても「エイヤー!」になるので、「Eja」の「E」にアクセントがついていることを意識。 【Vita gloriosa】 Vの発音を丁寧に。カタカナの「ビータ」にならないように。 「gloriosa」の「gl」を拍頭にしない。「glo」の「o」が、拍頭。glを前のめりに発音する。「precor」の「pre」も同じように前のめりに発音する。 【Pax aeterna】 「terra」の「r」はドッペルRなのでしっかり巻き舌にする! 一番最後につく子音「t」「s」が聞こえて来ないのでしっかり発音する。ソプラノ、43小節目のセカンドさん、音が難しいので音を確認しておきまししょう。 【Ave Maria】 粘らない。拍に乗って歌いましょう。23小節目〜メゾ、同じ音が続くので下がらないように。45小節目メゾの音を確認しておきましょう。 【空から】 歌詞の訂正をしっかり確認しましょう。 ・7小節目、 (誤)とうさん「が」いた (正)とうさん「の」いた ・60小節目、 (誤)「さいてますか」 (正)「においますか」 ・88、92小節目 (誤)「たに」 (正)「なみ」 練習番号DとH、何故ユニゾンなのか。とても大切なフレーズであることを意識して歌いましょう。 練習番号F、「雲の谷、鳥が行く」文章の切れ目を意識。 【さくら】 練習番号BとD、入りが違うことに注意。 【風のように】 【三陸鉄道が行く】 【また逢える】 練習番号D、E、男声がきちんと出ないと、他のパートに影響が出るので、頑張りましょう!「だから生きろと」をしっかり揃えて歌う。 【海神に守られて】 ボリュームを落としても、テンポは遅くならない(28小節目、78小節目など)。51小節目「が」は鼻濁音です! 【生きる】 前奏を必ずよく聴いて、テンポに乗って歌う。 8分の12拍子の拍の取り方が未だにぎこちない…感覚がリセットされていまわないように、伴奏の刻んだリズムなど、しっかり聴きながら歌いましょう。 「蝶」の「ちょ」を少し長めに感じて、愛おしみ大切に歌う。 …なかなか厳しい状況です。しっかり自主練しておきましょう!

大島久美子(ボイストレーナー)






6回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

© 2017 Requiem Project