4月25日 長崎練習内容

指導;上田 益 ピアノ;ゲイル 徳子 ・受付での体温チェック、手指消毒、換気を徹底して行われました。 ・ストレッチ、息流し、発声 上田先生より 東京演奏会の期日変更に関する、再エントリーやチケット等のお話がありました。 ●『いのりのとき』 1、祈りの時 ・P,11 84小節の f(フォルテ)は、広がって行く感じに。 2、Da pacem Domine ・音程に気を付けて。最後のハーモニー、ソプラノのピッチをしっかり上げて。 3、Salve Regina ・安定して歌えています。 ・マスクをして歌う事に慣れてしまい、無意識に周りの音を聴いていない感じを受けます。ピアノの音・自分とみんなの声を良く聴きながら歌いましょう。 4、Vita gloriosa, donun Dei ・始めに通し→席を全員でシャッフルして、周りの声を聴いて歌う→席に戻り、もう一度、遠くの声を意識しながら歌いました。 5、Pax aeterna ・in ter-raと aeterna の発音の違いをもう少し明確に。 ・[D] 44小節4拍目 Paxが不安そうに聴こえる、mpですが自信を持って出ましょう。 6、5声のAve Maria [B]~通し ・[D] 39,41小節のハーモニー注意。マスクをしていても、響きを意識して。 ・45小節、ド・ミ・ソの和音、きれいにハモりましょう。 ●『レクイエム』 4曲目を除いて全曲通し 1、Reqiem aeternam 2、Kyrie 3、Dies irae ・Di-es i-rae が「ディ、エ、イ、レ」と切れている。4つがまとまって聞こえるように。 5、Lacrimosa ・きれいです。ソプラノを少し押さえぎみに。 6、Sanctus ・この曲もソプラノ、押さえぎみに。 7、Non oblivisco ・[B][F]歌い出しの Non 音量に気を付けて、柔らかく入りましょう。 8、Agnus Dei 9、Lux procul ・p,71 54小節 2分音符を延ばし過ぎない。 10、Ad futurum movere ●『また逢える~いのちの日々かさねて』 1、あの日 2、一枚の古いレコード ・85小節 長音符の延ばし過ぎ注意。 3、また逢える 4、このいのち明日へ ・[A] 歌い出し、しっかりとした響きを持った f (フォルテ)で。 ・30小節 rit. → a tempo テンポが変化する所は、必ず指揮を見てタイミングを合わせて。 ・[D] ~ 大河の流れのように広々と。祖国への愛・生きていることへの誇りを表現して。 ・[E]→[F]→[G]とシーンが変わって行くので、変化を付けて。 ●2ステージの曲順に… ◯「さくら」 ・[B] 19~21小節 「さくら、さくら、さくらまう」の[ら]を軽く抜くように歌う。 ◯「風のように」 ・[D] 56小節~ rit.… テンポが変化、指揮を見て。 ◯「とうさんの海」 ・[G] 74小節~ 無声で歌う人は、タイミングがズレないように。 ◯「空から」 ・見えます[か]、聴こえます[か]。[か]は、柔らかく、尋ねているように。 ・[B] 16~19小節のmpのユニゾン(同じ音で歌う)は、音量を押さえて、次のmfへと繋げる。 ◯「三陸鉄道が行く」 ・最後は、少しだけrit. ◯「海神に守られて」 ・歌い慣れている曲は、マイテンポになりやすいので、気を付けて。 ◯「生きる」 ・[E] 43小節 長音符→[い]のちを… 入るタイミングが遅れないように。 ・47~48小節 長音符の切るタイミングを揃えて。 ・48小節 「生きよ」歌い出しが遅れる。次の「いのちよ」は、少し早い、気を付けて。 今日は、25曲でした。先生方に感謝です。 ズーム練習は、毎回ドキドキですが、たくさんのメンバーで、充実した練習が出来ました。 記録;大岩しのぶ(指導者)



54回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示