3月28日 長崎練習内容

会場;市民会館音楽室 指導;上田 益 、ピアノ;ゲイル徳子 20分置きに7分の換気、検温と手指や備品消毒の徹底。 ・軽いストレッチ、息流し、発声 ○初めに曲を通し歌いしてから、部分練習する形で行われました。 『いのりのとき』 5、Pax aeterna ・Pax=平和、曲中で1番大切な言葉。パークス(パックスにならない)と発音する。マスクをしていても聞き取れるように、(クス)をはっきりと。 ・[B]Pax in terraと、Pax aeterna の歌詞の区別をはっきりして。 ・26小節、[C]へ繋がるようにcrescendoを。 6、5声のAve Maria ・[B]~の歌い出しは、美しく!清らかに!マリア様をイメージして。 ・25小節4,5,6拍目。 (ファ、ラ♭、ソ)をはっきり出す。 ・26小節後半~ma-ter De-i,フレーズは区切りになるが、[C]へと続いていくように意識して延ばして。 ・[C]女声のユニゾン、清らかに。30,31アルト [D]45メゾ、はっきりと。 ・48小節 メゾとテノールの6度、49小節 ソプラノとアルトの3度のハーモニー、お互いに良く聴き合って動く。下見の声部を出しぎみに。 2、Da pacem Domine ・音程が下がらないで歌えたのは良かった。もう少し、ハモれたら…。 ・ソプラノ4小節 Do-mi-neのリズム(符点+8分音符)が速くならないように。 ・4小節~バス、柔らかく歌う。 3、Salve Regina ・[F]~繊細に 4、Vita gloriosa,donun Dei ・児童合唱曲。ピュアに清らかに歌いましょう。 ・31,32小節 vi-tae この部分のハーモニーは1番難しいので、練習を重ねて。 ・[C] Luxの〈uウ〉は、広い〈ウ〉。五島うどん10本分くらいの口で。クスもはっきりと発音。 1、祈りの時 ・[D] 36小節 (ドミソ)のハーモニーを明るく広がる感じに。 『いつか逢える~いのちの日々をかさねて』 3、また逢える ・[G] ユニゾン、ベターっと歌わない。フレーズを意識して。 ・73~74小節 「愛」を大切に丁寧に歌う。「あい」の前に、軽く切れ目(言い直す感じ)。 [J] 曲の1番の聴かせ所。ユニゾン→ハーモニーと曲が流れていくが、自分の役割を考えて歌う。 2、一枚の古いレコード 〈訂正〉P,7 ひげのあるじ〈×が〉→〈○は〉 ・81小節、ソプラノ高い音からの歌い出し、喉が締まった発声にならないように。 4、このいのち 明日へ 〈訂正〉p,7 [E]40小節、全パート 4分音符→2分音符に。(4分休符を1つ消す) ・[E]今の実際の現実、[F] 回想シーン、[G] 自分達の決意。それぞれの音色と歌い方を考えて。 1、あの日 ・45~49小節、市場,朝,かえり船,水揚げ,ざわめき…1つ1つの場面が移って行くように。 ・[H] ①82小節~アルト「たかきいわばに」mf+crescendo ②テノールとバスcrescendoは、「たかきいわば」まで ③83小節4拍目~全パートmf ④85小節crescendo(dim,しない) ⑤crescendo+decrescendo,を取って。そのままの音量で。 「空から」 ・92小節「その」の音色が 暗く怖い感じにならないように。 ・[H]~明るく! 『黙礼』生きる 「さくら」 ・だいたい良く歌えている。 「風のように」 ・49小節、小節の終わりまでしっかり延ばして。 ・57小節、「てvゆく」(ゆく)の前に軽いブレスを入れる(工藤先生) 「とうさんの海」 ・冒頭のユニゾン、きれいに。 ・59,60小節「ふ、る、さ、と 」1つ1つの音節をはっきりと大切に(工藤先生) 『レクイエム』 3、Dies irae ・ソプラノ、高い音を頑張り過ぎない。 今日も、沢山の曲を練習出来て、全員完全燃焼しました。心地好い疲れ…新入団、カムバックされた方もあり、みんなで歌える感謝と幸せをひしひしと感じた1日でした。 記録;大岩しのぶ(指導者)



37回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

© 2017 Requiem Project