3月20日 長崎練習内容

13:15〜16:30 市民会館音楽室 指導;大岩しのぶ ピアノ;ゲイル 徳子 ・ストレッチ、息流し、発声 〈女声のみで練習〉 『いのりの情景』 ○最新改訂楽譜になり、以前の音の記憶で歌っている人が多いので、 変更された箇所を部分練習して、通しをしました。 1、「時のほとりで」 ✽P.4[C]アルト…〈ついおくのな「か」に〉 ✽P.7[D]アルト…〈からだ「を」とおりぬけ〉 ✽P.10[E]ソプラノ…〈ときのほ「と」りで〉 ・とおざかり〈とーざかり〉、ように〈よーに〉…等、言葉の下に‿(スラー) がある時は、母音を延ばして歌いましょう。 ・〈を〉woは、→〈お〉oと発音します。 ○通しました。 2、「だれかのねがい」 ✽P.6[D]ソプラノ…〈いのりつ「づ」ければ〉 ✽メゾ…〈とど「くの」では〉 ・[B]メゾ…18小節〈とまる〉は、メゾのみで歌うので、聞こえるようにはっきりと。[D]の〈とどく〉も同様に。 ・P.746〜49小節 テンポが変化します。指揮を見る為、暗譜しましょう。 ○通しました 3.「そこにあなたが」 ✽P.7[F]アルト…〈おもった〉 ✽p.13[L]97小節3拍目〜のデクレッシェンドを消す。mfを保って。→98小節4拍目のP(ピアノ)から、subito(急に)音量を小さく(エコーのように)する。に変更。 ・[C][C]パートが小節毎に歌うフレーズですが、全員で歌って、リズムと旋律の流れを把握しました。16分音符の言葉を明確に聴こえるように子音を立てましょう。 [E]も同様に。 ・[K]ユニゾンは、1つに。89〜90小節、2度でぶつかるハーモニーです。音程を正確に。 ○通しました 4.「音楽がきこえる」 ✽P.640〜41小節 rit,(リタルダンド)とクレシェンドは、3小節目〜に変更。 ✽P.7 50小節 デクレッシェンドは、2〜3拍目に変更。 ✽P.10 69・71小節4拍目の4分休符を消す。2分音符→付点2分音符に変更。 ・[F]41小節から、初めての譜読み。P.12 83小節まで音取りしました。 〈混声練習〉 ○最近入団、又、久しぶりにカムバックされた男声メンバーの為に、男声パートをより重点的に練習しました。 ◆Ave Maria ・ラテン語の発音確認。 アクセントを意識して。 〈uウ〉は、深く。唇を少し前に出して、〈オ〉の形に近くして。 ・母音(aあiいuうeえoお)が音になるので、母音を長く、母音を繫げて歌うように心掛けましょう。 ・gra-ti-a(グらツィア) tiが、ティや、チィにならないように。 どうしても出来ない人は、(グライーア)で。 ○ピアノのサポート付で通しました。 ◆Salve Regina ・[E]ラテン語の発音練習→リズム読み→パート別に→合わせ。 言葉が多いので、母音を延ばして発音し、ハーモニーを作りましょう。 ・[A]mp〜「Salve」を3回繰り返しながらクレシェンドしてmf、Reginaに持って行きましょう。 ・[F]各パート、O_(オー)6拍薄くクレシェンドして、次の言葉の頭に繋げましょう。 ○通しました ◆Lacrmosa ✽P.39 33〜35小節 poco a poco cresc. ソプラノ…メロディーラインに沿ってクレシェンドします。34後半〜の下降音階部分は、一旦緩めても良いです。 下の3声は今まで通り。 ・[D]29〜32小節。下3声…2つの8分音符+8分音符休符。2つ目の8分音符が短い。長さを保って。 ○通しました ◆「また逢える」 2、一枚の古いレコード ・男声の歌い出しのタイミングの練習。 ・ピアノのリズムに乗って、指揮に遅れないように。 ・[H]58小節男声の出のタイミング練習。 ○通して歌いました。 ✤「まん防」が解除され、カムバックされたメンバー。前回、今日と見学者も!嬉しい練習となりました。 市民会館外壁工事がほとんど終わり、音楽室の窓が全開出来るようになりました。換気も短時間に出来てひと安心です。 今日も沢山のメンバーと練習出来て、感謝でした。 記録:大岩しのぶ(指導者)






閲覧数:29回0件のコメント

最新記事

すべて表示