2月5日 仙台練習内容

指導 工藤欣三郎 ピアノ 菅原紀子 ◯佐賀先生による発声練習 ロングトーンでのクレッシェンド、デクレッシェンドなど。発声の技術を曲に活かし、応用できるよう意識しましょう! ◯【黙礼】より 「命よ」 ゆっくりとしたテンポで音とリズムの確認。 言葉をはっきりと、「いのちよ」の「ち」の音など子音の破裂音を意識しましょう。2小節のまとまりで言葉を伝えるために、2小節ごとのあたまの音、言葉は、はっきりとアクセントを。 テンポが速い曲なので、できるだけ歌詞をおほまえて、余裕をもって曲作りができると良いですね。 ○【黙礼】より「生きる」「祈る」「風」【父さんの海】各々通して歌いました! 実行委員の皆さんが練習中20分ごと換気に務めてくださり(ありがとうございます!)、皆さん一人一人の間隔もしっかりあけて、休憩中のお喋りも控えめに、、、の練習でした。引き続き感染予防につとめましょう。 記録:菅原紀子( ピアニスト)





閲覧数:9回0件のコメント

最新記事

すべて表示