2月20日 仙台練習内容

13:30 佐賀先生  発声   あの日   ●休符の扱いについて休符で   は息を吸わない出だしの口   型にして準備をしなければ   ならない。  G あの街も 暮らしも  B 時だったのかを分けない  C 目の前にあるものは はf   で、前の変わらぬと信じた   のfから続ける

14:00 換気

14:10 工藤先生  『また逢える』 A ●言葉はっきり   人はで動かして  私の命 山をつくって B 場面が変わる 切り替えを C ●ピアノの三連符を生かして   歌う  入りははっきり D 40 まとめとして歌う  最後まで言葉はっきり G 柔らかく切り替えを H 悲しみの中 柔らかく ●長い音符を上手く歌う  通し 

14:34 換気

14:42 『あの日』 J 最後走らないように  明日を 音符しっかり伸ばす G リズムしっかり  あの街ものも アクセント付  けて伸ばして E ベースの 夏の で泣かす  クレッシェンドつける 勢い  を落とさない  通し

15:07 換気  15:14 佐賀先生『一枚の古いレコード』音取り 入り方・リズム練習。全体遅れがち!伴奏を聞いて、テンポが遅れないように。 D 27小節`たっ´短く切りすぎないように H 音符を長く歌いすぎ。テンポを感じて。 I `また´`みた´mを意識して。 J `いこお´てなく`いこう´

15:55換気

16:02 上田先生『空から』 ●言葉 変更箇所 7小節 `か´→`の´ 60小節 `さいてますか´→`においますか´ 88小節 `たに´→`なみ´ 92小節 `たに´→`なみ´ ●強弱 追加 変更 14小節dim.ディミネンド(1小節かけて) 28小節mp 30小節mf 64小節dim.ディミネンド(1小節かけて) 78小節mp 80小節mf この曲は、とうさんの海の対になる曲。 メンバーページで、23日頃には『一枚の古いレコード』『空から』の音取りアップ予定。 5月4日東京コンサート。菅原さんが全ピアノ伴奏。工藤先生も指揮される。コロナの状況にもよるが、参加希望の方は、早めにホテル予約を。 仙台でのコンサートでは、新曲は、出版譜を持つ予定。 次回から、練習の仕方を変更予定です。

記録:池田紀子、針生利志子(実行委員)



7回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

© 2017 Requiem Project