12月7日 北いわて練習内容

会場 アレン記念教会 18時30分から20時00分 参加人数 22人 ◆ウォーミングアップ ◆「雪の村」 ◆「村の子」 ◆「胡桃の木の下で」 ◆「とうさんの海」 ◆「夏のひかり」 ◆「走れ!三陸鉄道」 ♬久しぶりに「夏のひかり」をやりました。失礼ながら、みなさん、しっかり歌えていてびっくり!録音した当時を思い出して「あの頃がんばった成果だなあ」と感動していました。 ◆「また逢える」 ♬︎46小節から50小節を「おしりから」音取り。ソプラノ最高音のG(ソ)が出てくるので、声出しも兼ねて宇部京子さんの作品を多めに歌ったのですが、換気をしたため空間が冷えて少し出しにくそう…なのにたくさん歌わせる自分を鬼と思いながら、某人気マンガの「鬼〇の刃」の無惨様のように淡々と進めました。ごめんなさい。 ♬︎最後に「また逢える」を全部通してみましたが、音取りしていないEからも歌えている人がちらほら…。CDやプロジェクトのHPで音取りをしている方などが軸となって、全体的に早めに音取りができています。残りは、Eから4小節!来週やります!年内には一通りの音取りは済ませたいと思っていたので予定通りっ!! ◇練習を終えて 「今後を考えるアンケート」へのご協力もありがとうございました。活動に対する現時点でのお考えのほかにも、叱咤激励を多数いただきました。「歌いたい」「共有したい」「苦楽を共にしたい」…こんなご時世だからこそ、みなさんのお知恵をお借りしながら、できることを丁寧にしていくこと、結局は当たり前のことが大切なのだなと改めて思いました。 年内の練習も残すところあと二回。笑う門には福来る!少しでも不安を取り除けるように、感染対策をさらに強化して楽しい時間を作っていきたいと思います。

記録:小林友美(指導者)




5回の閲覧0件のコメント

© 2017 Requiem Project