12月18日 長崎練習内容

指導:13:00〜大岩しのぶ(女声練習のみ)

14:10〜上田 益

ピアノ:ゲイル 徳子


・ストレッチ・息流し、発声練習

〈女声練習〉

○女声合唱組曲『いのりの情景』

2、「だれかのねがい」

・譜読み2回目。初めての人もいるので、歌えるメンバーで通して歌い、曲のイメージを掴んで練習に入りました。

・パート別に音取り→2声合わせ→3声合わせ。

曲の終わりまでできました。

……………

〈混声練習〉

『また逢える』

1、「あの日」

・初めに通して歌いました。

・[B]アカペラで音程確認。

女声…15小節〈「だ」ったのか〉、「だ」だけが強くならないように。話しているように。

男声…18〜22小節 柔らかい発声で。

・[C] ソプラノ…叫んだり声をぶつけたりしないで。下3声…各パートの歌い出しをクリアに。

・[D]女声…レガートで。

男声…45小節〜〈いち場〉〈あさ〉〈帰り船〉〈みず揚げ〉〈ざわめき〉、滑らかに喋るように、歌う。

・[F]ソプラノ・テノール…63〜66小節 長音符の長さを守って。

・[G]リズムを正確に。69小節〈みんな〉8分音符のリズムが揃わない。3連符・16分音符・8分音符のリズムをきちんと出来るように練習しましょう。

・[J]〈泣け〉〈しんじよ〉〈あしたを〉大切な言葉が伝わるように、しっかり歌う。

※この組曲は、『生きとし生ける…』『黙礼』とは異なり、リアルに起こった事を、ジャーナリストの寺島英弥さんがドキュメンタリーや語り部として文字にし、『詩』にしてある。歌う時には、情景や状況を各自イメージする事が大切です。

・曲頭から通し


3、「また逢える」

・[D][E]指揮を視ましょう!歌い出し、リズム、よく見て合わせる。遅れない。男声、頑張りましょう。

・[H]ハーモニーを正確に。アカペラで確認。

※この曲のお母さんは、4〜5歳の子どもの手を繋いで必死に津波から逃げていた。そして気が付いた時には、居なかった。

〈哀しみなさい、泣きなさい〉自分の事として歌うのは難しい。

『詩』をしっかり読み、曲に想いを込めて歌いましょう。

4、「このいのち明日へ」

・通し歌い


・全4曲通し

※来年の9月の演奏会は、直ぐ来ます。しっかり練習を重ねて。


『ミサ・ブレヴィス』

1、Kyrie

2、Gloria

3、Credo

・神秘的に!

今は、混沌…

4、Sanctus et Benedictus

5、Agnus Dei


・1〜3、練習を重ねて。

4〜5、思い出し歌い。

通して歌いました。


※東京演奏会のアーカイブを必ず観ましょう!

メンバーページを開いて、自主練習しましょう!

上田先生から、丁寧に、スマホ操作の説明がありました。

…………………………

今年最後の上田先生の練習でした。感謝の拍手を致しました。

先月から、ソプラノ・アルト・テノールに新入団され、

遠距離のメンバーの復帰もあり、嬉しい限りです。

女声合唱の練習、男声パート練習、しっかり頑張りましょう。

たくさんの出席に、感謝。


記録;大岩しのぶ(指導者)


閲覧数:0回0件のコメント