12月12日 仙台練習内容

指導 佐賀慶子、ピアノ 掛田瑤子 14:00〜 これからの練習について。 お願い 身体のストレッチはなるべく家でして来ましょう。 練習に来る前に3曲位、ハミングなどで歌って来ましょう。 発声、ハミング〜頭部共鳴の意識 「生きとし生けるもの」より 4.天と地と海と〜祈りのラフォリア 通し〜音の確認 中間部DE〜 出だしのテンポ、遅くならないように。今歌っている場所ではなく、メロディの行方を意識して歌いましょう→言葉のまとまり、塊を歌うように。フレーズからフレーズへの繋ぎ方、曲のまとまりを感じて推進力を失わないように。 最後のMeno mosso 部分、指揮を見て合わせる練習 14:50 換気休憩 15:00 3.海神に守られて 通し〜音の確認 Aの部分、 母音唱で歌ってみる=レガートで歌う基本、母音の響きを感じられるように。長い音符の息の使い方。 ピッチが下がらないように、頭部共鳴の維持。 U の母音で終わるところが多いので、Uの響きを練習。地声が混ざらないように、また口腔内の天井が下がってこないように気をつける。 アルトだけが音が下がるような場所(15小節など)は音が動く少し前に支えを意識する。 28小節〜subito P は、子音ははっきり、音量は小さく。 77小節〜 フレーズの最後の音の切り方は力を失わないように、切る瞬間も意識する。 1野辺に 通し〜音の確認 16:10 換気休憩〜男声終わり 16:20 女声合唱練習「今この時を」より 1.風が生まれる めくるページの最後に次の音を書き入れる。 11小節など、小さな「っ」が休符になっているところの言葉と音のまとまりがわかるように、スラーを書き入れる。 音取りのあと、通しで歌って練習終了。(16:45) 記録:佐賀慶子(指導者)


閲覧数:14回0件のコメント

最新記事

すべて表示