11月27日 東京練習内容

ねえ、みて…頭の言葉の母音がつぶれないように、響かせて。

風のように…出だしのmpをやさしく歌う。そう あのひは~をmfでキープ。

(※以下、上田先生より注意点!)

村の子…各フレーズの終わりが伸びすぎない ×ねこやなぎー

海女のうた…演歌にならないように!なかみのつまった、長いメロディーラインで歌う。

碧の子守唄…2,3番を歌うときに、文章として長く歌っていけるように。

走れ!三陸鉄道…P.51の最後の和音をハモらせて。力でなく、ハモりでボリュームアップ。

また逢える…最初の部分をアカペラで練習したり、

中間部の掛け合いの復習しました。少しずつ完成に近づいていると思います!

ハーモニーの「縦」の意識と、リズムやメロディーの「横」の意識を切り替えて歌いたいですね。

海神に守られて、天と地と海と…上田先生による練習。

 初めての方もいらっしゃるので、全体の丁寧な復習。

Stabat1,2,6…こちらも曲全体をつかむ練習。

 言葉と拍のリズムがずれるところなどは、ラテン語のアクセントに注意して。

 また、歌詞の誤植や、音の違いがありますので、初めての方は確認してください。


記録:大塚雅仁(指導者)



14回の閲覧0件のコメント

© 2017 Requiem Project