11月11日 東京練習内容

11/11練習報告とコンサートの感想 ●レクイエムより1.2.3.5.6.7曲目 ・長い拍で伸ばす音になると拍節感がなくなりがちなので、ビートを感じて歌いましょう。テンポが速くても遅くても基本的には同じです。 ・何度も言っていますが、子音も書かれている音符の高さで歌いましょう。 フレーズの歌いだしはもちろんですが、単語のあいだに入る子音も同じように意識することが必要です。気を付けたらうまくいったので是非毎回そのようにお願いします。 ・出だしの子音のタイミングが遅いです。もう少しフライングしてもOKです。 ●いのりのとき、M1、alma~ 上田先生による指導 テンポが遅れないように、ビブラートはかけないで、という指示がありました。 ソロとの掛け合いがある曲もありますので、関係性をしっかり把握しておきましょう。 ●女声合唱曲 道、しおり 久しぶりの人、初めて歌う人が大多数でしたので、通すことはできずパートごとに音を確認する練習になりました。 道はひととおり全部さらい、しおりは28小節までで時間切れとなりました。 次週以降に続きをよろしくお願いします。 ●コンサートの感想(おまけ) タイトな進行表のコンサートをみなさん良くこなされたなぁと毎回ながら感心しています。 演奏のクオリティも非常に高く、上田先生の思いに重なって客席全体を包み込んだ良いコンサートになったと思います。 少しお話はしましたが、良い演奏ができるポテンシャルがあるからこそ細部への意識が今後より意識する必要があると感じています。現状に満足することなくもっと繊細な取り組みができるといいなと思います。どうぞよろしくお願いいたします。キーポイントは「一度受けた指摘は毎回常に実践する!」ですww これから本格的に風邪が流行る季節になりますが、どうぞ健康に留意してお過ごしください。 また12月もよろしくお願いいたします。 記録:横町あゆみ(指導者)





閲覧数:8回0件のコメント

最新記事

すべて表示