10月9日 長崎練習内容

会場;長崎タクシー会館 13:00~16:00 指導;志岐 光昭 ピアノ;:ゲイル 徳子 これまで通り個人、会場の感染対策をし、行いました。 ・ストレッチ・発声 〈孔子廟プログラム〉 「あっかとばい」 ・2小節毎、1拍目にアクセントを付けて ・アルト、バス…13~15小節、30~33小節のcrescendoをはっきりと。 ・メゾも、同様に ・18~19小節は、ソプラノとテノールのみなので、明確に歌い出す。 「でんでらりゅう」 ※テンポ≒132 ※14~21小節は、3回繰り返す。20小節から、ソプラノパートの繰り返し毎にテンポアップする。 ※24,25小節の3~4拍で、2段階のrit. ・メゾ…6小節F(ファ)→G(ソ)→C(ド)の音程 ・アルト、バス…6小節3拍目のG(ソ)の音程 ・19小節、ソプラノがないので、下2声ははっきりと歌う。 ・歌い出しからのハーモニー、パート別のメロディー確認。全体でテンポ変化の流れを繰り返し練習しました。 「Salve Regina」 ・2つ振りだが、6拍子の感覚を持って。 ・[A]歌い出しにアクセントは付けない ・[D] アルト、42~43小節E♭(ミ♭)音程 ・テノール、47小節E♭(ミ♭)音程 ・42~43小節のハーモニー ・75小節のdecrescendoのハーモニーと切りを揃えて。 ・息が苦しくなると、音程が下がる、揺れるので注意。 「Pax aeterna」 ・〈Pax〉〈in〉〈ae-〉母音は、少し長めに。 ・バス…5、9小節のG#(ソ#)音程。8小節目のD(レ)は頭に響きを持って来て。 ・男声…21,25小節〈Pax〉歌い出しを揃えて。 「ねぇ、みて」 ・3拍子のリズム。 1拍目ははっきり…2、3拍目は軽く ・〈ねぇ〉〈みて〉は、言葉の頭をはっきりと、次は軽く。 「長崎の鐘」 ※2番は、割愛する。 ※Coda 29小節4拍目poco rit. ※33小節2拍目からrit. ・アルト、11小節目1拍目からハモると意識して。 ・19小節の16分音符の音程。 ・22小節のcrescendoは、控え目に ・23小節4拍目からcrescendoして→f(フォルテ)24小節目~ ・31小節の歌い出しは、指揮を見て合わせましょう。 「贈り物」 ・アルト…10小節 〈いのち〉C#〈ド#〉音程 ・[B] 〈たゆたう→ながれ〉C〈ド〉→C#〈ド#〉音程 「とうさんの海」 ・歌い出しの〈さみしい〉「さ」のタイミングは揃ってOK。次の「み」が揃わない。 ・[E] 〈とうさんの、とうさんの、とうさんの…〉3回目のタイミングが揃わない。 マイテンポにならないように。 「北の国から」 ※25小節のpoco rit.はしない。 ・[C] の前18小節のcrescendoは、盛り上げない。沁々(しみじみ)が深くなる感じで… ・アルト、31小節 F(ファ)、32小節 E(ミ) 音程 ・33小節のリズムは、柔らかく(3連符の感じで)。 「モーリーホワ」 ※13,29小節の〈人人誇〉(レンレンぐわ→クワ)発声変更。 「大切なふるさと」 ・男声…75~76小節〈わたしたちとともにあゆむ〉同音の連続で切れて聞こえる、レガートに。 「いのちの理由」 ※42小節終わりのrit.はしない。 …10月24日(日)の孔子廟コンサートへ向けて、初めての会場、電子ピアノでしたが、違和感無く充実した練習が出来ました。 カムバックメンバーも数名あり、嬉しいです。感謝。 記録;大岩しのぶ(指導者)





閲覧数:23回0件のコメント

最新記事

すべて表示