10月3日 広島練習内容

・発声


・「風のように」全曲通し 仙台公演に向けて、新規御入団の方々に、こんな曲もありますよ!というお披露目の意味も込めて、強引ではありましたが、全曲通しました。 久々ということもあり、思い出しながらではありましたが、各曲のポイントを確認して歌いました。次回までにCDなどで確認して、今日怪しかったところを復習しておくよう、お願いしました。


・「三陸鉄道が行く」全曲通し こちらも強引に全曲通しました!今期からお願いしているピアニストの大井先生にとって、それぞれ初の組曲でしたが、素晴らしい伴奏に乗せて頂き、生き生きと歌えたように思います。ただ、思い出しモードのため、両組曲とも表情がすっごく硬い!(笑)新しい童謡唱歌のような感じで、情景を思い描きながら歌ってほしいという、一番最初に上田先生からお話いただいたことを再度伝えました。


・新曲「あの日」譜読み 本日は、長崎公演に参加した方もおられ、テノール不在となりましたが、ソプラノ、アルト、バスで、なんとか最後まで音取りしました。細かい音の動きが多い、練習番号Gは、リズム読みをしました。問題は練習番号H。バラバラにパートが入るところは、突然自信を失うので、拍を数えながら他のパートの入りをしっかり聞けるように、繰り返し繰り返し練習が必要と感じました。 ユニゾンは、より大切にしたいこと、より強調したいことに用いられることが多く、互いに聞き合いながら歌うことが大事です。 短い時間でしたが、皆さん集中して、しっかり歌ってくださいました。


今日は、佐伯先生がご不在のため、ボイストレーナーの大島が練習を担当しました。盛りだくさんの練習になりましたが、皆さんとても協力的に、積極的に歌ってくださいました。しかしながら、練習に集中するあまり、写真が撮れておりません。申し訳ありません!

次回は、上田先生が来られます。三鉄シリーズの楽譜をお持ちください。そして、音楽室での練習になりますので、アルトが13時〜14時半、ソプラノが14時半〜16時、男声フルタイムとなります!気持ちも新たに歌って参りましょう!よろしくお願い致します。

10回の閲覧

© 2017 Requiem Project