10月24日 広島練習内容

【また逢える】

譜読み確認。全体的に遅れがちになるので、自分で音楽を感じて「進める」「流す」意識をきちんと持って歌いましょう。指揮より遅れないように。練習番号C〜Eまでを特に「要練習!」です!


【さくら】

「あの道」の音程を確認しましょう。「み」の音を間違えやすいので気をつけましょう。


【ねえ、みて、】

3拍子をしっかり数え過ぎると遅れるので、大きなフレーズで捉えて、3拍を1拍子のように数えて、乗り遅れないように。


【風のように】

指揮者によって、音楽の表現が違うので、柔軟に対応できるよう、普段からしっかり歌い込み、指揮を見て歌うことが大事です。


【走れ!三陸鉄道」

勢いがある歌ではあるけれど、あくまでも言葉を大事に歌いましょう。変なところにアクセントが付きがちです。歌詞をよく読みましょう。

「スコップ」の「ス」は無声音化する言葉ですが、しっかり発音しないと「コップ」に聞こえるので、ちゃんと「ス」を発音しましょう。


【碧の子守唄】

ゆっくりの歌は、音が下がりがちになります。フレーズを大きく捉えて、伸びやかに歌うよう心がけましょう。


【とうさんの海】

これも、指揮者によって表現する音楽がそれぞれあると思いますので、他地域公演に出演される方は、柔軟に対応できるようにしましょう。伴奏の形によって、音楽が変化する様をしっかり捉えて歌いましょう。


記録:大島 久美子(ヴォイストレーナー)




53回の閲覧

© 2017 Requiem Project