10月22日 神戸練習内容

10/22 指導 上田益・栗木充代 ピアノ 陶山薫子


今日から練習中はマスクを外しても良いことになりました。その分、換気休憩を多くとっています。休憩時間はマスクをしてください。外す外さないは自由です。


・風のように

「壊れてしまいそう」が「壊れてしまい・そう」と、少し切れて聞こえます。

「凍りついた白い夜」夜が聞こえにくいです。

練習番号C 「けれど」から色が変わるように。

練習番号D 「あなた」「生きてゆく」という言葉の頭がぼやけないように。


・とうさんの海

男声は混声三部の楽譜で歌ってください。


・三陸鉄道が行く

休符のたびに休むと遅れます。

文章になるように。

3回の「日は」は期待感を持って次に繋いで。

練習番号Dは表情が変わります。同じように歌わないように。


上田先生のご指導で「レクイエム 」より

・Lacrimosa

40小節 requiemは、初めの♩を付点のリズムに分けて、re-k(ソーソ)と入れてください。

・Sanctus

和音が複雑なので、音確認をしっかりと。

練習番号E dim.を綺麗に。

・Non oblivisco dolorem iste diei

歌い出しのNon、大切な言葉です。練習番号Fも同様。


・Alma Redemptoris Mater とM1

だいぶ歌えてきましたが、本番は12/3です。がんばりましょう♪


再び上田先生のご指導で。

・4声のAve Maria

出だしの男声、堂々と。グレゴリオ聖歌のように。

17小節、少し音量を落として20小節のcresc.が表現できるように。


・Pax aeterna

顔を上げて歌えるようにしましょう。


・道

11小節 アルトの出だし、遅れない。

長い音符でハモるように。


・しおり

練習番号E テンポが変わるので注意。

練習番号G 56小節からpoco rit. 58小節のメゾ・アルトでa tempoです。


各地のZoom中継を見てください

本番の指揮の先生がどんなふうに演奏されるか、聴いてみてくださいね。


記録:栗木充代(指導者)




閲覧数:12回0件のコメント

最新記事

すべて表示