10月16日 東京練習内容

横町です。10月といえば爽やかな秋晴れの季節、と思っていたらもう冬のような気候になってしまいましたね。 体調にはくれぐれもお気を付けください。 練習では暖かいバースデーソングと素敵な花束をありがとうございました!! これからもみなさんと楽しく歌いながら年を重ねていけたら幸せです。これからもよろしくお願いいたします。 さて、練習報告です。 この日の練習曲一覧(♪は横町、★は上田先生による指導) ♪さくら 助詞の処理を単語と同じ長さ、重さにせず自然に美しく(朗読してみてから歌う) 14小節目クレシェンドのあとのmfが流れてつながるように 「さくら」を単なる繰り返しにしないよう工夫しましょう。 ♪風のように 歌いだしの「すごくすごく」…u母音が続きますが、同じuではありません。これも朗読してみるとよくわかります。 18小節「そ~う」にはポルタメントをかけないほうが美しいです。 21小節「に」に入るまではしっかり歌ってからデクレシェンドするように。 50小節目からのユニゾンをより意識して。 ♪また逢える 19小節目からの転調を事前に思いながら歌いましょう。 Cからの早くなるセクションはどのパートと同じタイミングなのか、パートごとにどんな順番で歌い始めるのかをしっかり把握して歌うことが揃う秘訣です。 47小節目の女声はあくまでメロディーを取る男声のバックコーラスです。 77小節目から低声のメロディー「さきのー」の大全音を意識した音程で。 83小節目の高声「たどる」も同様に。 85小節目ユニゾンと大全音。 ★とうさんの海 何度も注意されていますが、拍が短いところが数か所あります。 Cからの「とうさーんと同じ××で」のユニゾンを意識して。 ★海神に守られて 44小節目の「はてから~」はクレシェンドはしない。 64小節目拍の長さが短いです。 81小節目ユニゾンで始まることが重要な意味があります!音程をそろえましょう。 ★天と地と海と 49小節目「いのりのー」の部分をpで始める、という上田先生の提案がありました。 とても良かったと思います! 53小節目「ひろげていく」と表記されているところは「ひろげてゆく」と歌います。 96小節目「そのこえは」の「は」の長さと音程の処理に気を付けましょう。

記録:横町あゆみ(指導者)



22回の閲覧

© 2017 Requiem Project