10月15日 神戸練習内容

10/15(土)指導は北爪かおり、ピアノは林葉子

「また逢えるーいのちの日々かさねてー」より

また逢える

冒頭とHを母音唱し、レガートさ、息の流れを確認。

D Fは休符の後のブレスが間に合っていない。

このいのち明日へ

前曲のp表現の歌い終わりから、この曲の歌い出し、身体を大きく広げ息を支えることを考えて。7小節までは力が抜けずに歌い切りたい。

B以降各パート毎の歌い出しは、単語の母音の準備とブレスを同時にできるように。

Hソプラノ、母音によって口腔が狭くならないように「このいのち」まで上行音形かのように息を使って歌って。


「レクイエム」より

Agnus Dei

表情筋を落とさずに、軟口蓋を高く上げて下顎の力は抜いて、明るい響きで歌い続けられるように。

個人的な7番の歌詞から、ミサ典礼文に戻ってきた客観性や見通しが出ると良いですね。

Lux procul

6小節のようなところ全てきちんと2拍目終わりで[l]の発音をするように。コントロールできていない声が必要以上に長く漏れないように。

Bソプラノ2度をしっかり上がって。futurumのu母音も深く豊かに。

E転調のに相応しい声の高さの準備を。頭の上に歌い直すように。

Ad futurum movere

アウフタクトのAdもレガートに歌えるようになりたい、特に最後のf表現時。


M1点灯

ソロ(ソプラノのみ)と一緒に歌い切る練習。

同じ音程、音価が続いても、アクセントのあるシラブルを長めに、口もしっかり開けて。

最後はルミナリエ点灯シーンを思い出してfの表現を。

Alma Redemptoris Mater

音取り、歌詞付けを最初からパート毎に。

まだ音楽や和音の移り変わり、単語の切れ目などが頭に入っていません。


「いのりのとき」より

祈りの時

身体や声が波打たずスッと歌い切れるように。

何パート合わせての強弱記号なのか。大きい小さい以外に、優しい、柔らかいなど、pに関するアプローチの種類を持って。

Salve Regina

ブレスをリズムに乗って早めに長めに。

口先だけで喋らない、せめて口を前後に分けて真ん中辺りで。

filiiなどi母音が続くときに、声が詰まってきてしまう。

5声のAve Maria

単語の頭の子音の発音を丁寧に。


女声合唱

「道」

冒頭ソプラノ、音程、順次上行進行が案外甘くなりがち。乱れず一つの旋律に聞こえるように。

「新しい日傘で」以降、次の1拍目に向かって。

37小節アウフタクトの入り方、まだ自信なさげ。

46小節「母」は息を吐きすぎないで、息を吸っているかのような口腔の広さで歌って。

「今この時を」

15歳の溌剌とした息のスピード、全てのものに感動する若さで最後まで歌う。途中でだれてきて実年齢に戻らないように。


記録:北爪かおり(指導者)







閲覧数:21回0件のコメント

最新記事

すべて表示