1月8日 広島練習内容

今日は上田先生をお迎えしての初練習となりました。

1月15日は県民文化センター4階に練習会場が変更になります。


【生きとし、生けるものへ】

全曲通し 音符の長さを正確に。 音程(ピッチ)をしっかり安定させるように。


【また逢える】全曲通し ビブラートか揺れか…できるだけかからないように。

・また逢える 最後アルトしっかり出しましょう。音程をしっかりとらえる。 p.49 62小節目のソプラノ、クレッシェンドし過ぎないように。次がmfなので、逆算しましょう。


【ミサ・ブレヴィス】

全曲通し ・Credo 練習番号F、神戸ではそのままのテンポで入ります。地域によって違うので、しっかり指揮を見るように。


【黙礼】全曲通し


******* ↓ここから佐伯先生

【古いアルバム】

16分音符をきちんと細かく発音する。「眠っているわたし」は繋げて歌いましょう。 27小節目までしっかり伸ばす。 「あくび」を揃えて入る。 51小節目、しっかり伸ばす。 練習番号G、「遠い」の「とお」にテヌート。 36小節目は内切りで早めに切る。 16分音符が出た途端遅くなるので気をつけましょう。 Vocaliseは「う」と「お」の中間くらい。「母の横顔が滲んでいく」の方が大事。 「滲んで、ゆく」とブレスを入れる。


再び【ミサ・ブレヴィス】

・Sanctus et Benedictus ・Agnus Dei p.48下の段、テンポを速めれば良いというものではないので、指揮を見ましょう。 できるだけ大きなフレーズで捉えるように。 「qui」はテンポ、曲想に関わらず、速く発音する。


今後は神戸公演が終わるまでは、「生きとし、生けるものへ」「黙礼」「また逢える」「ミサ・ブレヴィス」に取り組みます。その後は、広島チームは新曲モリモリなので頑張りましょう!


9月に向けた曲 混声 遥かなる海へ ミサ・ブレヴィス レクイエム(ソロを省いた曲) 女声 三陸鉄道が行く こころのアルバム 今この時を 以上です!


記録:大島久美子(ボイストレーナー)





閲覧数:34回0件のコメント

最新記事

すべて表示