1月30日 神戸練習内容

コンサート後最初の練習でしたが、今後のスケジュールも気になるところで多くの方が出席してくださいました。 指導:眞木喜規、ピアノ:林 葉子

発声練習後、換気休憩をしてから「あの日」譜読みの残りH以降をワンパートずつ音取りをしました。 休憩を挟み、林先生がこられてピアノ伴奏も含めて演奏しました。 言葉もつけて譜読みは完成しましたが、もう少し細かく復習する必要がありそうです。 男声は特に79小節から83小節までが難しそうでした。

その後「また会える」を譜読み確認のため通しました。

換気休憩後、「とうさんの海」と「走れ!三陸鉄道」を通しました。 「とうさんの海」は先日のコンサートでも歌いましたが、「ざっぽーん」と「ざっらーん」の音からくるイメージの違いをさらに意識して欲しいと思いました。 黙礼より「生きる」を思い出し練習。 久しぶりだったのと初めての方もいらっしゃいましたが一通り通す事ができました。 初めての方は曲の感じを掴んでもらって、経験者は改めて音をつけずに言葉のリズムと音の長さなども意識しつつリズム読みをしてくださいとお願いしました。

換気休憩後は新曲の「一枚の古いレコード」の音取り練習をしました。修正箇所を伝えた後、こちらもリズム読みの重要性を理解してもらいながらEの手前29小節まで言葉をつけずに何度か歌い、最後は伴奏を付けて歌いました。

換気休憩後、こちらもみなさんにとっての新曲であるPAX AETERNAの譜読みをしました。こちらは最後まで言葉をつける事ができました。 最後に残った時間でAve Mariaの5声をBから思い出し練習として一回だけ通しました。

記録:眞木喜規




17回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

© 2017 Requiem Project