1月16日 長崎練習内容

指導:大岩しのぶ ピアノ:吉田真深

会場:市民会館


20分置きに7分換気を徹底


・体操、発声

練習曲目

『ミサ・ブレヴィス』~

       Gloria

『スタバト・マーテル』~

1、2、6

『風のように』~さくら     風のように


『ふるさとのうた、いのちのうた』~碧の子守唄、

     とうさんの海


『生きとし生けるものへ』~海神に守られて

 天と地と海と


『レクイエム』~

   1、2、5、9、10


『いのりのとき』~

Salve Regina

……………………………………………


『ミサ・ブレヴィス』

Gloria

①歌い出し

Glo-ri-a 拍頭にlo、拍前にG

Gの時から音程ド高さを上から入るつもりでしゃくり上げない。

ria → ド音程下がらないこと

a→1拍きちんと延ばす


②12小節目までForteのまま、しぼまないように。

③66~71、80~85、94~99→同じハーモニー

④109~126 各パート


『スタバト』

1 ①歌い出し sta-bat→拍頭にta 拍前にs

②母音の長さ長めに、響きをつないでいく


2、6番 通して子音の間にある母音を長めに。


『風のように』

・さくら  

①さくら→「ら」は抜くように歌う。

3回目のさくら

♩.少し短めの意識で。

「まう」のタイミング遅れない。


・風のように

①19小節~「ふざけあっていたのに」

35小節~「やさしさがくやまれて」→いたのに、くやまれての部分で少し収めるように、指揮をよく見てタイミングに気をつけて。

②すごく、すごく→「く」

とても、とても→「も」で少し抜くように。


『ふるさとのうた、いのちのうた』

・碧の子守唄

Cから前へ進む。息を流して。

・とうさんの海

E、F 「とうさんの とうさんの」は2回はcrescendo


3回目の「とうさんの」はmPでやさしく


『生きとし生けるものへ』

・海神に守られて

17小節 「風になって」の「な」少し長めに余韻のある響きで。


・天と地と海と

A ばんにん→「ん」の響き

E49小節目「いのりの」→やわらかめで。


『レクイエム』

1、2番通す

5番 B crescendoを忘れずに。

E40小節目re-qui-em→

「qui」クイイの入れ方

クは32分音符

イイは16分音符

9番 15小節アルト音程

   43小節バス音程確認

10番 A movere→「ve」唇を噛む、Vの発音きちんと

するとレガートで響きが作れる。


『いのりのとき』

・Salve Regina

通して歌う。


宿題「いのりのとき」第5番

また逢える、あの日


記録:吉田真深




16回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

© 2017 Requiem Project